アエネーイス』のテーマ:ラテン叙事詩の思想を探る

John Campbell 17-07-2023
John Campbell

アエネーイスのテーマ 運命のようなテーマは、古代ローマ人がいかにその概念と格闘していたかを物語り、神の介入という考え方は彼らの宗教性を明らかにする。

この記事では、ヴァージルの『アエネーイス』で論じられている主要なテーマのほとんどを探り、該当する場合はその例を挙げる。

関連項目: イリアス』英雄グラウコスの役割

アエネーイス』のテーマとは?

アエネーイス』のテーマは、ヴァージル流の 概念の伝達 アエネーイスは、古代ローマにおけるさまざまなテーマを扱っており、重要なテーマは、運命、愛国心、神の介入、名誉、戦争、平和である。

運命のテーマ

アエネーイス』における「運命」は、叙事詩全体の土台となる重要なテーマである。 人間がどのように運命を全うするかを描いている。 困難があっても 叙事詩には、挫折にかかわらず自分の運命を全うしたさまざまな例があるが、エネアスの例に匹敵するものはない。 しかも、この詩はエネアスと彼の冒険、そして彼の運命に基づいている。

叙事詩の英雄アエネアスは、自分の息子たちや次の世代に永続的な遺産を残そうという決意に駆り立てられていた。 ユピテルの妻であり妹である女神ユノーは、アエネアスがローマを見つけるという予言のためにアエネアスを憎んでいた。 彼女はいくつかの障害を提示した。 しかし、運命に導かれるように、エネアスはすべての試練を乗り越え、運命を全うした。 ユノーがエネアスの前進を妨害しているように見えたとき、ユピテルが介入し、エネアスを軌道に戻したことが何度かあった。

神々は運命に逆らう力はなく、むしろ運命を変えようとする努力は、運命を促進するものでしかなかった。 神々の王であるユピテルは、次のことを確実にする責任があった。 因果応報 ヴァージルが聴衆に伝えたかったのは、「起こるべくして起こることは、反対しようとも必ず起こる」ということだった。

関連項目: オデュッセイア』における葛藤:ある人物の葛藤

愛国心のテーマ

ヴィルギルの傑作で探求されたもうひとつのテーマは、祖国への不滅の愛である。 ヴィルギルが『アエネーイス』を構想したのは、ローマの読者に、祖国のために働くという考えを植え付けるためだった。 ローマの改善 燃え盛るトロイから逃れるために父を背負い、献身的にローマを守る彼の姿は、ローマ市民にとって模範となるに値する。

エネアスは、父の遺志を継ぎ、父に会うために、あらゆる困難を乗り越えて冥界に旅立った。 父への献身は、ローマ人なら誰もが持つべき祖国への姿勢の模範である。 ちちのためにしぬ このような理想は、既知の世界のほぼ半分を征服した偉大なローマ帝国を築く土台となった。

詩人はまた、この詩が書かれた当時ローマ帝国の支配者であったカエサル・アウグストゥスの名前にも言及し、民衆に愛国心を鼓舞した。 市民は、この詩が書かれた当時ローマ帝国の支配者であったカエサル・アウグストゥスの功績を誇りに思ったのである。 最も並外れた皇帝たち、 アウグストゥス・シーザーは、古代ローマの支配者が求めた忠誠心と愛国心を象徴している。

神の介入というテーマ

ホメロスの『イーリアス』のように、『アエネーイス』における神々は常に、この叙事詩を通して繰り返し語られるテーマである。 人間の問題に干渉する。 まず、ユノーはトロイを憎むあまり、トロイを滅ぼそうと何度も策略をめぐらせた。 彼女はエネアスの運命の成就を阻止しようと全力を尽くしたが、その努力はことごとく失敗に終わった。

ユノーの策略と陰謀は、ユピテルに介入させ、妻がアエネアスに対して行ったすべての過ちを正させた。 多くの神々もまた、次のように述べた。 運命を変えようとした、 例えば、ユノーはアエネアスとディドーの恋愛を刺激し、アエネアスのイタリア行きを遅らせた。 幸い、アエネアスのイタリア行きは実現し、神々の介入は徒労に終わった。

ローマ神話の愛の女神ヴィーナスもまた、ジュノーが息子キューピッドに危害を加えようとすると、いつでも助けに来た。 エネアスをめぐるジュノーとヴィーナス その会議の中で、神々はアエネアス、ラティヌス王、そしてルトゥール人のリーダーであるトゥルヌスの運命について話し合った。 しかし、神々が干渉したところで、最終的な結果を変える力はなく、彼らが行ったことは長い目で見れば無意味なものとなってしまった。

アエネーイスにおける名誉

ギリシア人と同様、ローマ人も生者とその先祖を敬うことに非常にこだわった。 父親を敬うアイネイアスの態度は、次のような点でさえそれを特徴づけている。 冥界で彼と合流 アエネアスはまた、息子のアスカニウスを敬い、後世に語り継がれる永遠の遺産を築いた。 このように、生者と死者の双方を敬い、一方を尊重して他方を犠牲にしないことを市民に教えようとしたのである。

ローマ人はまた、神々に深い畏敬の念を抱いており、神々にまつわる儀式や祭りをすべて果たすようにしていた。 市民は皆、次のことを行うことを義務づけられていた。 神頼み 例えば、エネアスがディドと過ごすことでローマへの旅を遅らせていることに気づいたジュピターは、彼に自分の運命を思い出させるために水星を送った。 水星からのメッセージを受け取ったエネアスは、ディドを見捨てて旅を続ける。

最後に、ローマ人は祖国を敬うことを期待されており、それは叙事詩の中でヴィルギルが伝えたメッセージでもある。 アエネアスを通して、私たちは次のことを学ぶ。 自分の目標、時間、喜びを犠牲にするために、 エネアスの生涯は、ローマを建国するために障害と戦い、妻との関係を犠牲にした、まさにそのことを示している。 このように『エネアス叙事詩』は、神々、生者、死者、そして国への敬意を教えている。

戦争と平和のテーマ

アエネーイス』は、英雄がローマを建国するために数々の戦いを繰り広げる、戦争の物語に満ちている。 戦争は大帝国を建国するための必要悪であり、ローマ人は 決して尻込みすることはない。 アエネーイス』の物語は、戦争によってアエネーアスが父を背負ってトロイを脱出するところから始まった。 詩の最後には、イタリアの戦場での戦争も記録されている。

アエネーイス』の登場人物たちは常に戦争の可能性に直面していたため、戦争を防ぐために同盟を結ぶか、勇敢に戦うかのどちらかを選ばなければならなかった。 興味深いことに、これらの戦争は以下のどちらかが原因で行われた。 侮辱と恨み トロイの戦いは3人の女神によって引き起こされ、誰が最も美しいか決めることができなかった。 イタリアでの戦いは、トゥルヌスが自分の恋人ラヴィーナがアイネアスと結婚することを知ったことから始まった。

ヴァージルは『アエネーイス』を通して、戦争の軽薄な理由と、戦争がもたらす殺戮を浮き彫りにしている。 勝者は栄誉と栄光を受けるだろうが、戦争がもたらす死と別離は壊滅的である。 しかし、冥界でのアンキセスの発言は、次のことを示唆している。 ローマが勝利すれば、恒久的な平和が約束される。 その言葉どおり、トゥルヌスとルトゥール人を打ち破ったアエネアスとその民は、ついに平和を手に入れ、『アエネーイス』の決着がついた。

結論

アエネーイス』は、読者に特定のアイデアやメッセージを伝えるいくつかのテーマに支えられている。 この記事では、重要な作品のいくつかを取り上げた。 総括

  • 叙事詩の主要なテーマのひとつは「運命」である。運命とは、どんな障害があろうとも、意志したことは必ず実現するというものである。
  • もうひとつのテーマは、神々の介入であり、神々が人間の問題に干渉しているが、運命を変えるには無力であることを強調している。
  • 名誉というテーマは、ローマ市民が生者、死者、神々を敬う義務を探求するもので、詩の中でアイネアスが示している。
  • 戦争と平和というテーマは、戦争を始める軽薄な理由と、すべての敵対行為が解決した後に訪れる平和を浮き彫りにする。
  • また、『アエネーイス』は愛国心のメッセージも伝えており、自国を愛し、その向上のために犠牲を払うことを読者に勧めている。

アエネーイスのテーマが与えてくれるもの 文化や信念の中に また、現代社会にも通じる理想を教え込んでいる。

John Campbell

ジョン・キャンベルは熟練した作家であり文学愛好家であり、古典文学に対する深い評価と広範な知識で知られています。書き言葉への情熱と、特に古代ギリシャとローマの作品への強い関心を持って、ジョンは古典悲劇、抒情詩、新喜劇、風刺、叙事詩の研究と探求に何年も捧げてきました。名門大学で英文学を優秀な成績で卒業したジョンの学歴は、時代を超越した文学作品を批判的に分析し解釈するための強力な基盤をもたらしてくれます。アリストテレスの詩学、サッフォーの抒情的表現、アリストファネスの鋭い機知、ユウェナリスの風刺的な思索、そしてホメロスとウェルギリウスの包括的な物語のニュアンスを掘り下げる彼の能力は、本当に並外れたものです。ジョンのブログは、ジョンにとって、これらの古典的な傑作に対する洞察、観察、解釈を共有するための最も重要なプラットフォームとして機能します。テーマ、登場人物、シンボル、歴史的背景の綿密な分析を通じて、彼は古代の文豪の作品に命を吹き込み、あらゆる背景や興味を持つ読者がアクセスできるようにしています。彼の魅惑的な文体は読者の知性と心を引きつけ、古典文学の魔法の世界に引き込みます。ジョンはブログ投稿ごとに、深い知識と学術的な理解を巧みに織り交ぜています。これらのテキストと個人的なつながりがあり、それらを現代世界に関連付け、関連性のあるものにします。ジョンはその分野の権威として認められており、いくつかの有名な文学雑誌や出版物に記事やエッセイを寄稿しています。古典文学の専門知識により、さまざまな学会や文学イベントでの講演者としても人気があります。ジョン・キャンベルは、雄弁な散文と熱烈な熱意を通じて、古典文学の時代を超越した美しさと深い意味を復活させ、称賛することを決意しています。あなたが熱心な学者であっても、オイディプスの世界、サッポーの愛の詩、メナンドロの機知に富んだ戯曲、アキレスの英雄物語などを探求したい単なる好奇心旺盛な読者であっても、ジョンのブログは、教育し、インスピレーションを与え、刺激を与える貴重なリソースとなることを約束します。クラシックへの生涯にわたる愛。